ビューエル・カスタムペイント

ビューエルとバイクの部屋

ビューエル★カスタムペイントの紹介



 このページは、myビューエルX1の改造日記の

 カスタムペイントのページです。

 左の写真はもうすでに黒く塗ってしまってありますが、

実は、ホワイトライトニングの為、純正は白です。

 そこまでの行程を紹介しています。


 TOP>カスタムペイント
   

★ビューエルX1 カスタム ペイント★


 僕のビューエルはX1W ホワイトライトニングの為、最初は外装ほぼ白一色です、まぁ外装は買う前から変えようと思っていましたので、早速カウル類をはずしていき塗装をしました。塗装部分はフロントフェンダーとスクリーン・タンクカバー・サイドパネル・アンダーカウルを色を変えていきます。リヤフェンダーやベルトカバーはあとあと色を変えようと思ったので、とりあえずは、そのままで〜




 色は自家ペイントだとラッカースプレーになってしまって、ラッカースプレーは苦い思い出しかなく、バイクには間違えなくあわないですね、まずラッカースプレーは硬化剤が入っていないものですから、色を塗って固まったとしてもガソリンが付着したりするとすぐ溶けます、これでだらだら〜になってしまった事が何回もあったので、自動車用塗料で塗る事にしました。


 色はいろいろ考えましたが、フレームの色が青紫ですので、それに合わせるのとあまりパールが目立たないようになるべく落ち着いた感じにしたかったので2コートパール(顔料にパールをまぜませしてある)のブラックにしました。ちなみに色はホンダのナイトホークブラックパールっていう色ですね、いい感じの色です。^^


行程中の写真はとってありませんが、まずは、下地作りですね、貼ってあるステッカーを全部ヒートガンであぶって取りましてその後にペーパーやすりで水研ぎします〜


そのあと、1行程のサフェーサー(下地)を入れていき、それが乾きましたらさらに細かいペーパーで水研ぎして、真平らにまで仕上げます、


 次に顔料を入れます2コートなので、顔料を作ります、これは自分では作れないので塗装屋さんに作ってもらいました、続いて顔料を塗ります。またここで乾燥しまして、そのあとなんかこのままだと物足りないので、ピンストを入れる事にしました。


 ステッカーだとカウルにあった形で貼っていくことが出来ないので、オリジナルピンストとBUELLの文字を入れたかったのでピンストを選びました。ここが自己流ビューエルカスタムペイントのいいとこです〜





 まずは、ピンストの上にクリアーを吹き付ける際に塗装がのらないし剥がれるとみっともないので、顔料をまた水研ぎしときます。そのあとに、下書きをして、ピンストを入れていきます、色も青に似た塗料を使って筆で書いていきます、


 BUELLの文字は、より目立たせたかったので、ビューエルの文字の枠をまず作り銀白を貼っていきます。キラキラしててかっこいいですよ〜、




ピンスト塗料が乾いたら下書きを消して、クリアーを入れます、こうする事によって、ピンストはクリアの塗料の下に入りますので、後から欠けたり、色があせたり、傷になりにくくなります。




 それから、あとはクリアーが乾きましたら、コンパウンドで表面が均一になるまで磨きます・磨きます・磨きますw塗装が落ち着いたら完成ですね〜



★ビューエル&バイクTOP

★ビューエルとは?

ビューエルの歴史

★RW750


★ルシファーズハンマー

★RR1000・RR1200

★RS1200

★S2T・サンダーボルト

★S1ライトニング

★M2サイクロン

★S3サンダーボルト

★X1 ライトニング

★ブラスト     

★XB9       

★XB12 
     

X1・カスタム

★ビューエルX1・カスタム


★空燃費メーター
              
★ビューエル・マフラー

★ビューエル・レースECU

★ビューエル・シート

★ビューエル・タイヤ

★ビューエル・バックステップ

★ビューエル・燃調キット

★ビューエル・ハンドル

★ビューエル・ヘッドライト

★ビューエル・カスタムペイント

★ビューエル・プラグコード

★スパークプラグの交換

★ビューエル・電圧計

★その他・交換予定

★ X1故障情報

 やっぱバイクといったら
ツーリングやキャンプは欠かせませんので、お役立ち情報を記載しときます

 〜ツーリングの持ち物〜


 〜キャンプの用品〜

 〜キャンプの場所〜

 〜キャンプ場の利用〜

 〜キャンプ場でのマナー〜


LINK集

プロフィール

Copyright (C)  ビューエル&バイクの部屋 All Rights Reserved