ビューエル・カスタムパーツ

ビューエルとバイクの部屋

カスタムパーツ★パワーコマンダーの紹介


 このページは、myビューエルX1の改造日記の

 カスタムパーツ・パワーコマンダーの装着のページです

 &ダイノジェットのO2センサーの紹介もしています。

 TOP>カスタムパーツ
   
 

◆ビューエル・カスタムパーツ◆

 
  
                ★X1用  パワーコマンダー★




 マフラーを入れてから、セッティングが出ません、いくら悩んでもでません、もういや〜って事で、出来る事は、やっていこうと思い、ビューエルのカスタムパーツを見ていると、ん・燃料調整が出切るキットが売ってる〜と探しまくって、X1用パワーコマンダーVを買いました・・・


 セッティングですが、最初に言っておくと、非常に難しいです、ショップさんに言わせれば素人が手をだすな〜といわれかねませんが手をだしてしまいました。


 変にいじくりまわすとエンジンを壊しかねませんのでプロのショップにたのんだ方がいいかもしれませんが、ここは自己責任で・・・(日本語の説明書にもこんなことが書いてあったような気がします)


 まず、何でつけたの?ってことは、マフラーをかえた時からアイドルがぜんぜん安定しません、とくにアイドルぐらいから2300rpmあたりの所ですねくらいん〜燃調かえればいいんかな〜と軽い気持ちで買ってしまいましたね〜

結果からいうとアイドル時は制御できない構造になっていますので、アイドリング対策はX1はエンジン回転を上げて安定させるしかないですね〜、まぁマフラーをこれだけ抜けのいいマフラーに変えればアイドルがおかしくなるのも


 無理ないですが、それかどうしても落とした状態で安定させたいのであればキャブ化をおすすめします、ちなみに僕の乗った最初のX1はFCRのキャブが入っていますが、ものすごい安定しています、ただ真似はしたくない・・・と勝手な感情むき出しで、いじり出しましたので最後までキャブ化せずがんばり中でございます。


 まずは、タンクを取りスロットル開度センサー(その名のとおりアクセル開度を検出しているセンサーです)の所に割り込みを付けて、装着しますこのとき振動で飛ばないように、振動対策しといたほうがいいですね、あと雨も注意ですので、雨が入らないように僕はエンジン用の液体パッキン(俗に言うブラックですね)を使って防止しました。熱にも油脂にも強いので・・・


 インジェクター(燃料噴射装置で簡単に言いますと燃料タンクについている燃料ポンプからの圧力がインジェクターにかかっていましてインジェクターは一定の圧力の燃圧をインジェクターの弁の開弁時間を変えて燃料噴射量をかえるというものです)
にも割り込みを付けます


 VツインでインジェクターはビューエルX1は各気筒ごと付いていますので、2つ付けますちなみにこのハーネスも振動で削れたりしないように対策します。ビューエル乗りの方はお分かりいただけると思いますが、本当に振動で、配線が干渉しようものでもありましたら削れていくのがおわかりいただけますよね〜^^


 でもってエキパイに付いているO2センサー(排気ガス中の酸素濃度を検出するセンサーです)にもバイパスをかまします、本体取り付け位置は最初はシートの下だったのですが、ちょこちょこセッティングを変えていく為、パソコンをつなげやすい様に外に出しました。


 エンジンスタート〜アクセルを回すと本体の空燃費メーターが上がります、見た目はかっこいい〜、でも精度がやっぱ悪いですね、純正のO2も悪いしX1に付いてるO2センサーは一昔前のセンサーで精度が悪いみたいですのでダイノジェットから出ている

 オキシゲンO2センサーをさらに追加〜それによりもっと低回転、アイドルのちょい上の所を調整できるようになりました。今の車に付いている、LAFセンサーみたいのです





 ちなみにLAFセンサーは、ヒーター回路が付いていまして、目標温度までヒーターでLAFセンサーを加熱して、安定した空燃費を検出できるみたいです。 


 それからは、セッティングの日々ですね〜、アイドルはいた仕方ないので、アイドル調整ワイヤーを回しちょっと高めに設定、後は、お金があればもっと精度のいいO2センサーを買ってA/F 計つけて見ていけばいいのですが、


 いろいろお金がかかるので、個人でやる場合はやっぱ走ってみてプラグと相談wしながらエンジンの調子と相談wしながら決めてくのが一番かな〜、まぁレースをやるわけではなしし、基本マップも入っているからいいかな〜


あとパワーコマンダーVでは点火時期の調整・変更はできませんので・・・キャブ化するとダイナが入りいろいろいじくれるらしいです


 なめらかなアクセルレスポンスと調子回復にむけてセッティングを変えていっているのですが、冬〜夏・寒〜暑い・山〜市街地・でかわってきますんで、

 非常にセッティングに迷う日々を送っていますが、好きな方は、おもしろくていいな〜と思いますが、ころころ変えるのが面倒って人は、キャブ化をおすすめしますね〜



 最終的には、僕の場合は、ストックエアクリーナー・レースエキゾースト・レースECUのマップからちょこちょこかえて、本体で全体を2段下げて使っています。マップはここに載せて真似してエンジンコワレターとかなると困りますんで、あえて載せません・・ごめんなさい

★ビューエル&バイクTOP

★ビューエルとは?

ビューエルの歴史

★RW750


★ルシファーズハンマー

★RR1000・RR1200

★RS1200

★S2T・サンダーボルト

★S1ライトニング

★M2サイクロン

★S3サンダーボルト

★X1 ライトニング

★ブラスト     

★XB9       

★XB12 
     

X1・カスタム

★ビューエルX1・カスタム


★空燃費メーター
              
★ビューエル・マフラー

★ビューエル・レースECU

★ビューエル・シート

★ビューエル・タイヤ

★ビューエル・バックステップ

★ビューエル・燃調キット

★ビューエル・ハンドル

★ビューエル・ヘッドライト

★ビューエル・カスタムペイント

★ビューエル・プラグコード

★スパークプラグの交換

★ビューエル・電圧計

★その他・交換予定

★ X1故障情報

 やっぱバイクといったら
ツーリングやキャンプは欠かせませんので、お役立ち情報を記載しときます

 〜ツーリングの持ち物〜


 〜キャンプの用品〜

 〜キャンプの場所〜

 〜キャンプ場の利用〜

 〜キャンプ場でのマナー〜


LINK集

プロフィール

Copyright (C) ビューエル&バイクの部屋 All Rights Reserved