スパークプラグ 交換

ビューエルとバイクの部屋

スパークプラグ★交換のページ



このページは、スパークプラグについて、紹介しています。

プラグは、結構簡単なものですが、以外と奥が深い部品だと私は思っていますので、

どうぞごゆっくりご覧ください〜
TOP>スパークプラグの交換
スパークプラグの交換

 まず最初に、スパークプラグって何キロで交換だ??って所ですよね〜

 今の車やバイクには、イリジウムプラグという約10万キロ無交換でいけちゃうプラグが付いていますけど、私のビューエルは、いたって普通の点火プラグが付いています。

 また、そのイリジウムプラグの上にもレーシングプラグというものも出てきています、こうなってくるとなんのプラグをいれればいいのか迷いますよね〜

そこで、特性といいとこ悪い所を私なりにまとめてみました。

普通のプラグ 長所 エンジンがかぶった時に強い、掃除してまた使えるといった、アナログなタフさを持っている、ワイヤーブラシを持ってゴシゴシできる

キャブレター車で、混合比が合ってない場合はこっちがおすすめです。2サイクルエンジンは絶対こっちがおすすめです。

価格が安く、何本も予備を作りやすい、
短所 ・約20000kmで交換が必要、
・着火力がイリジウムに比べて劣る
イリジウムプラグ 長所 スパーク時の炎の広がりが速く、確実で安定した燃焼、着火性、燃焼効率が普通のプラグに対して向上しています

電極部の磨耗する所に白金や合金チップなどを使っていつ為、寿命が長い
短所 エンジンがかぶると、もうイリジウムプラグだと、予備を持っていないとどうしようもなくなる、プラグはあまり掃除はできないしその辺に売ってるもんじゃないしと、キャブ車ですぐかぶるバイクはやめた方がいいかも

 とまぁいろいろかきましたが、結局イリジウムは調子の悪いバイクや機嫌や気難しいキャブの所有者にはあんまり向かないですね、

基本はインジェクション車で、空燃費を追いかけているバイクじゃないと、高低差や気温で
くすぶったり、かぶったりすると、どうしようもなくなるような気がします。

でも実は、私もイリジウムをはめているんですが、予備で普通の一般プラグのハーレー純正を持ち歩いています。

こっから下は、ビューエルX1のプラグのデーターベースを書いておきます。

メーカー 品番 プラグ
ハーレーダビットソン パフォーマンスプラグ buellパフォーマンスプラグ(イリジウム)
ハーレーダビットソン 6R12 ハーレー純正プラグ
NGK DCR8EIX 2 NGKイリジウムプラグ
DENSO XU22EPR-U(〜99) 一般プラグ
XU24EPR-U(99〜)
DENSO IXU22(〜99) イリジウムパワー
IXU24(99〜)
DENSO IXU01-□ イリジウムレーシング

プラグメーカーはこの他にもいろいろございますが、ハーレーと日本のメーカーを上げて紹介しました〜

キャブの時代を生きてきた人ならわかると思いますが、点火チェックしてみると調子よく火花が飛んでいるんだけど、いざ付けてみると調子が悪いって事、経験ある方はいらっしゃると思うんですが、奥が深いですよね〜


調子が悪いけど、調べてみてもどこも悪くないって人は、プラグを変えてみるといいかも!!

★ビューエル&バイクTOP

★ビューエルとは?

ビューエルの歴史

★RW750


★ルシファーズハンマー

★RR1000・RR1200

★RS1200

★S2T・サンダーボルト

★S1ライトニング

★M2サイクロン

★S3サンダーボルト

★X1 ライトニング

★ブラスト     

★XB9       

★XB12 
     

X1・カスタム

★ビューエルX1・カスタム


★空燃費メーター
              
★ビューエル・マフラー

★ビューエル・レースECU

★ビューエル・シート

★ビューエル・タイヤ

★ビューエル・バックステップ

★ビューエル・燃調キット

★ビューエル・ハンドル

★ビューエル・ヘッドライト

★ビューエル・カスタムペイント

★ビューエル・プラグコード

★スパークプラグの交換

★ビューエル・電圧計

★その他・交換予定

★ X1故障情報

 やっぱバイクといったら
ツーリングやキャンプは欠かせませんので、お役立ち情報を記載しときます

 〜ツーリングの持ち物〜


 〜キャンプの用品〜

 〜キャンプの場所〜

 〜キャンプ場の利用〜

 〜キャンプ場でのマナー〜


LINK集

プロフィール

Copyright (C) ビューエル&バイクの部屋 All Rights Reserved