ビューエル・S2

ビューエルとバイクの部屋

ビューエル・S2★S2Tの紹介


このページでは、

ビューエル★S2Tサンダーボルト

サイドバックが付いていない

ビューエル★S2
というバイクの紹介をしています

 TOP>ビューエルS2T
S2T・サンダーボルト

   

                 ★ビューエル・S2T★



 1994年,S2Tサンダーボルトは、いままでのRR・RSからの経験をいかして、新設計されて世に出てきたマシンであります。あのタンデムシートのグイッと曲がる一番後ろの部分がすっきりして、やっぱダサかったのか・・・
l;いゃいゃあれはあれで機能的だったんですけどね、


 S2Tは、それから荷物バックを左右にかかえていて、収納性が素敵になりました。ちなみにこの車種と同型でS2というリヤの左右のバックがついていないバージョンがあったのですが、日本には入ってきていないみたいでした。


 前からみるとコブラみたいな形をしていてなんかS3ととても似てますね^^


ビューエル・S2



 外観以外では、エンジンがハーレーのスポスタ1200のエンジンになり、フロントフォークは、倒立のWP製(ホワイトパワー)リヤサスペンションもユニプランナーシステムを使ったWP製になった。


 ここまでくると、なんか見慣れた形になってきますね、いままで僕もなんだこの形ダサイと思っていましたが、昔の外車も正直なんとなくかっこよくみえるようになってきました!!・・・


 とにかくこの頃は、バイクの信頼性にすごくこだわっていたようで、けっこう日本にも輸入されてきていたみたいです、写真からいままでのはりぼてみたいな作りではなくなったように感じに思えます。

 各部の形が部品を貼り付けただけという形からこのバイクの専用の外装部品というようにひとつひとつのパーツをすごく丁寧に作ってきたと思われます。
                 
          


★ビューエル&バイクTOP

★ビューエルとは?

ビューエルの歴史

★RW750


★ルシファーズハンマー

★RR1000・RR1200

★RS1200

★S2T・サンダーボルト

★S1ライトニング

★M2サイクロン

★S3サンダーボルト

★X1 ライトニング

★ブラスト     

★XB9       

★XB12 
     

X1・カスタム

★ビューエルX1・カスタム


★空燃費メーター
              
★ビューエル・マフラー

★ビューエル・レースECU

★ビューエル・シート

★ビューエル・タイヤ

★ビューエル・バックステップ

★ビューエル・燃調キット

★ビューエル・ハンドル

★ビューエル・ヘッドライト

★ビューエル・カスタムペイント

★ビューエル・プラグコード

★スパークプラグの交換

★ビューエル・電圧計

★その他・交換予定

★ X1故障情報

 やっぱバイクといったら
ツーリングやキャンプは欠かせませんので、お役立ち情報を記載しときます

 〜ツーリングの持ち物〜


 〜キャンプの用品〜

 〜キャンプの場所〜

 〜キャンプ場の利用〜

 〜キャンプ場でのマナー〜


LINK集

プロフィール

Copyright (C) ビューエル&バイクの部屋 All Rights Reserved